平成20年4月に海田町で津田産婦人科クリニックを開設する事になりました。

先代は昭和51年に三原市で津田産婦人科医院を開設し、没する平成6年まで地域医療に貢献して参りました。先代が亡くなる2ヶ月前に産婦人科医となった私は一医師としてまだまだ未熟であり、一日でも早く津田産婦人科を再興できるようにと常に産婦人科臨床の第一線で研鑽を積んで参りました。

また産婦人科臨床だけでなく、安佐市民病院では麻酔科研修を、大学病院では臨床と平行して医学研究を行い、幅広い視野で医療に臨むことができるように努力して参りました。

院長  津田幹夫
そしてこの10年の間、県立広島病院、広島大学病院、そしてマツダ病院で勤務させて頂いたご縁から安芸地区の皆様とふれ合う機会に恵まれ、この地での津田産婦人科再興を決意した次第でございます。

先代以上に皆様に信頼される産婦人科クリニックを目指し、下記のようなクリニック理念を掲げて精一杯努力する所存でございます。
何卒よろしくお願い申し上げます。
 
 

・高度医療提供病院と連携し、安芸地区の周産期医療を担うように努力いたします

・もうひとり子供が欲しくなるような医院づくりを目指し、日本の少子化に歯止めをかけるように努力いたします

・確かな技術としっかりとしたコミュニケーションにより、患者様との厚い信頼を築くように努力いたします

・人と人との和を大切にする環境を提供するように努力いたします

・楽しんで働くことができる医院づくりを目指し、笑顔のあふれる環境を提供するように努力いたします

 

 
学歴 広島大学附属三原小学校卒業
愛光中学校卒業
愛光高校卒業
大阪医科大学医学部卒業
   
職歴 広島大学病院産婦人科(研修)
広島市立安佐市民病院産婦人科・麻酔科(研修)
広島県立安芸津病院産婦人科
広島県立広島病院産婦人科
広島大学病院産婦人科
マツダ病院産婦人科
   
経歴 平成6年 医師免許取得
平成10年 日本産科婦人科学会産婦人科専門医認定
平成11年 母体保護法指定医認定
平成17年 医学博士取得
   
所属学会 日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会、日本周産期・新生児医学会、
日本更年期医学会、日本動脈硬化学会、日本東洋医学会、日本産科婦人科内視鏡学会
   
趣味 野球(中学・高校;ソフトボール部、大学;野球部)
ゴルフ、釣り、天体観測